大野→菅田→石橋と移転

順光寺所蔵の「順光寺史」によると、順光寺は、もともとは、天台宗のお寺で、秋鹿郡大野村(現松江市上大野町)に作られたとされています。

その後、1576(天正4)年、川津村菅田(現松江市菅田町)に移転しました。浄土真宗に改宗したのは、このころです。

慶長年間、現在の石橋の地に移転しました。

妙好人・神谷備後(神谷源五郎冨次)

神谷備後(神谷源五郎冨次)は、松江藩主松平直政の家老であり、仰誓編『妙好人伝』(第二)に雲州松江大夫神谷氏祖として記されています。

母子ともに熱心な門徒であり、大阪の陣では、母に持たせられたご本尊(顕如上人御裏の三百代の御本尊)を陣屋に安置し、朝夕礼拝していました。

大阪の陣の合戦の折、敵から鉄砲で胸板を撃たれるものの傷一つなく、陣屋に帰ると、安置したご本尊の胸から血が流れていました。

神谷備後は一命を取り留め、このご本尊は「身代之本尊」(写真)として伝えられており、現在、松江市北堀町の神谷家にて大切に保管されています。

順光寺改築に尽力

寛永十五年、直政公は出雲国を拝領しました。神谷備後は直政公に従って出雲国に入国し、松江藩政の基礎作りに貢献しました。

さて、出雲国入国の際、松江石橋の地に順光明寺という、寺基が整っていない浄土真宗のお寺があることがわかりました。そのお寺は、移転したばかりで、廃寺同然でした。

神谷備後は自らが大檀那となって多額の私財を投じ、寺号を順光寺と改め、お寺を改築しました。

僧純編『妙好人伝』(第三篇・巻上)によると、順光寺門徒である雲州神谷備後は、門柱に札を張ったり正月に門松を飾ることをせず、真宗の宗風を守ったと記されています。

また、神谷源五郎の母東局(織田信長の姪)は、息子の陣中で、宗祖親鸞聖人の報恩講を行うなど、非常に信仰深い人でした。

その時に招待したのは、了誓という、大阪薩摩堀の広教寺に滞在していた僧侶でした。この了誓が順光寺第三代目の住職です。

熱心な門徒であった神谷備後の尽力によって、順光寺の基礎が作られたと言えるでしょう。

順光寺の境内には、初代神谷備後夫妻の墓碑(写真)、並びに、神谷家累代の墓があります。

なお、神谷家第14代神谷昭孝氏は、現在松江市北堀町(塩見縄手)にご在住であり、ご自宅には上述の「身代之本尊」の他、本願寺より直政公の入国を祝した書状(写真)、寺の建立にあたり、本願寺と神谷家家老が交わした古文書、大阪の陣で着用した甲冑、直政公より賜った太刀と脇差など、神谷家ゆかりの品々が大切に保管されています。

参考文献

  • 「続・山陰の武将」山陰中央新報社
  • 「島根県大百科事典上巻」山陰中央新報社
  • 「神谷家老来歴 松江藩を支えた代々家老」玉木 勲

お気軽にご連絡ください

仏事(葬儀・法事・納骨など)のご依頼、順光寺門信徒会への入会のご相談など、電話・FAX・メールにてお気軽にお問い合わせください。

0852-23-3718
0852-23-3718 (電話、FAXとも同じ番号です)
メールフォーム