2016(平成28)年 報恩講法座

順光寺報恩講2016

2016年10月29日、順光寺の報恩講をお勤めしました。

「報恩講」は、本願寺第3代覚如上人が親鸞聖人の33回忌に「報恩講私記」を著されたことに由来しており、浄土真宗の寺院において年間を通して最も大切な行事です。

浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご恩徳に感謝し、私の「生死いづべき道」についてお聴かせいただきます。

今年のご講師は、市内奥谷町にある真光寺の吉田剛師。

順光寺報恩講2016

寺同士が近所ということもあり、真光寺のご門徒にもお参りいただきました。

肌寒い1日でしたが、多数のご参拝をいただきました。ようこそお参りくださいました。

お気軽にご連絡ください

仏事(葬儀・法事・納骨など)のご依頼、順光寺門信徒会への入会のご相談など、電話・FAX・メールにてお気軽にお問い合わせください。

また、ご寺院さまの研修旅行・団体さまの研修会などでのご参拝も承っております。

取材のご依頼も下記連絡先よりお願いいたします。

順光寺は松江の城下町​の一角にあるため道が細く入り組んでおり、駐車スペースも限られております。道順や駐車場を案内させていただきますので、お越しになられる場合は、事前に当寺までご連絡願います。

0852-23-3718
0852-23-3718 (電話、FAXとも同じ番号です)
メールフォーム