2010(平成22)年 報恩講法座

2010(平成22)年 報恩講 

10月16日(土)10時から順光寺報恩講をお勤めしました。

報恩講(ほうおんこう)宗祖親鸞聖人のご苦労をしのび、そのご苦労を通じて、阿弥陀如来のお救いをいただくことをあらためて心に深く味わわせていただく法要です。浄土真宗のお寺では、年間を通してもっとも大切な法要です。

今年のご講師は中村英晴師(大田市五十猛町 長泉寺ご住職)。
命の大切さ、誰でも等しく救おうとされる如来さまのお慈悲、それをお伝えしてくださった親鸞聖人。
そんなご法話をいただきました。

法話の間にはフルート演奏をご披露。
秋空の爽やかな一日、尊いご法縁をいただきました。

2010(平成22)年 報恩講

ご門徒の皆さま、近隣寺院のご門徒さんや寺族の方にお参りいただきました。
ご多様の中ご参拝いただき、厚くお礼申し上げます。

20101016_0046

(若院)

お気軽にご連絡ください

仏事(葬儀・法事・納骨など)のご依頼、順光寺門信徒会への入会のご相談など、電話・FAX・メールにてお気軽にお問い合わせください。

また、ご寺院さまの研修旅行・団体さまの研修会などでのご参拝も承っております。

取材のご依頼も下記連絡先よりお願いいたします。

順光寺は松江の城下町​の一角にあるため道が細く入り組んでおり、駐車スペースも限られております。道順や駐車場を案内させていただきますので、お越しになられる場合は、事前に当寺までご連絡願います。

0852-23-3718
0852-23-3718 (電話、FAXとも同じ番号です)
メールフォーム

この投稿へのトラックバック

  1. […] »昨年の報恩講 […]