仏教婦人会定例会(2009年10月)~フルートで仏教讃歌

フルートで仏教讃歌~順光寺仏教婦人会10月定例会

今日は、午前10時から順光寺仏教婦人会の10月定例会。
今回は、大田市五十猛町長泉寺のご住職、中村英晴師をお迎えし、フルート演奏に合わせて仏教讃歌を歌いました。

中村さんは、作陽音楽大学器楽科フルート科をご卒業。
楽器のリペア(修繕)の仕事や、福祉施設でのリハビリや音楽クラブに携わった経験をお持ちで、各地でフルート演奏を行っておられます。

また、教区の寺族婦人会連盟の事務担当であり、坊守が昨年度まで寺婦の副委員長を務めていたご縁もあって、今回フルート演奏をお願いしたところ、快くお引き受けくださいました。

始めの2曲の演奏で、皆さまと歌っていただいた後、クラシックの名曲「タイスの瞑想曲」をCDに合わせて演奏。
動画をYoutubeにアップしました。
(途中で動画が切れてしまったので、2回に分けました)

演奏の合間に、フルートの構造について説明してくださいました。
フルートの音の出る仕組みを、初めて知ることができました。

フルートで仏教讃歌~順光寺仏教婦人会10月定例会

続いて、仏教讃歌「ひかりあふれて」。
CDの音に合わせて、皆さんと一緒に歌います。

最後に、フルート演奏による恩徳讃。
フルート独奏による恩徳讃は、皆さん初めての経験。

フルート演奏での仏教讃歌。本当に有難いご縁をいただきました。
演奏後、中村さんを囲んで、客間にて茶話会。

フルートで仏教讃歌~順光寺仏教婦人会10月定例会

フルートの演奏が皆さんに好評でした。
次回は、中村さんと一緒に演奏できるよう、しっかりと練習したいと思います。

(若院)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

豅 純吾

豅 純吾

浄土真宗本願寺派 順光寺 住職(宗教法人代表役員)。
Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとしても活動(個人の公式サイト
地元・松江の観光振興にも携わっており、チーム水燈路運営委員会で広報を担当。

お気軽にご連絡ください

仏事(ご葬儀・ご法事・お仏壇参り・納骨など)のご依頼、参拝のご相談など、お気軽にご連絡ください。

お電話

メール

※メールフォームは、スマートフォンからも送信いただけます

LINE

※住職(豅 純吾)のプロフィールが表示されます

Facebookメッセンジャー

※住職(豅 純吾)のFacebookプロフィールが表示されます