2008(平成20)年 報恩講法座

午後1時30分より、順光寺の報恩講法座をお勤めしました。
報恩講は、浄土真宗の教えをお遺しくださった親鸞聖人のご遺徳を偲び、お聴聞をさせていただく法要です。

浄土真宗のお寺では、もっとも大切な行事とされています。
肌寒い日でしたが、順光寺ご門徒さんをはじめ、松江市内寺院の寺族・ご門徒の皆さま、多くの方がお参りくださいました。

ご講師は、隠岐の島町にある真行寺のご住職、隼田真生師。
同じ松江組(そ)の先輩。普段からお世話になっています。

「報恩」とは何か、わかりやすい言葉でお話しいただきました。
「自分の物差しは、気分によって伸びたり縮んだりする。」
真実の教えを聞くことの大切さを、お味わいさせていただいたのでした。

法座終了後、ご講師の隼田先生としばし談笑。
これから、全国各地でお説教のご予定があるそうです。
くれぐれも、お体にお気をつけて。

今年も、無事、報恩講をお勤めさせていただきました。
ご参拝くださった皆さま、ありがとうございました。

日ごとに寒くなります。
時節柄、ご自愛の程念じ上げます。

(若院)

順光寺の最新情報を配信中

お気軽にご連絡ください

仏事(葬儀・法事・納骨など)のご依頼、順光寺門信徒会への入会のご相談など、電話・FAX・メールにてお気軽にお問い合わせください。

また、ご寺院さまの研修旅行・団体さまの研修会などでのご参拝も承っております。

取材のご依頼も下記連絡先よりお願いいたします。

電話: 0852-23-3718
FAX: 0852-67-3276

※メールでのご連絡は、このサイトのメールフォームをご利用ください

2008(平成20)年 報恩講法座” に対して1件のコメントがあります。

  1. ONSAI より:

    年中の大行事 お疲れさまでした。
    そして、ご安心なことでしょう。
    …と 当寺では明日に報恩講を控え
    気忙しい中なんですが、なぜか 気分転換に
    ブログめぐりを してしまいました。
    今度「打ち上げ」やりましょうネ!

  2. 順光寺若院 より:

    >ONSAIさん
    はい。「打ち上げ」楽しみにしています。
    皆さまのご協力をいただきながら、無事お勤めさせていただきました。
    終わって一安心。ちょっと気が抜けた感じですね。
    ご自坊報恩講の成功を念じ上げます。
    (若院)

この投稿はコメントできません。