2017(平成29)年 報恩講法座

2017(平成29)年 報恩講法座

2017年10月29日、順光寺の報恩講をお勤めしました。

「報恩講」は、本願寺第3代覚如上人が親鸞聖人の33回忌に「報恩講私記」を著されたことに由来しており、浄土真宗の寺院において年間を通して最も大切な法要です。

浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご恩徳に感謝し、私の「生死いづべき道」についてお聴かせいただきます。

2017(平成29)年 報恩講法座

婦人会会長のお孫さんも参拝。一緒にお勤めしました。

婦人会会長のお孫さんも参拝。一緒に正信偈をお勤めしました。

今年のご講師は、備後教区御調西組梅林寺(広島県三原市)ご住職・髙橋格昭師。

2017(平成29)年 報恩講法座

秋も深まり、肌寒い1日でした。皆さま、ようこそお参りくださいました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

豅 純吾

豅 純吾

浄土真宗本願寺派 順光寺 住職(宗教法人代表役員)。
Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとしても活動(個人の公式サイト
地元・松江の観光振興にも携わっており、チーム水燈路運営委員会で広報を担当。

お気軽にご連絡ください

仏事(ご葬儀・ご法事・お仏壇参り・納骨など)のご依頼、参拝のご相談など、お気軽にご連絡ください。

お電話

メール

※メールフォームは、スマートフォンからも送信いただけます

LINE

※住職(豅 純吾)のプロフィールが表示されます

Facebookメッセンジャー

※住職(豅 純吾)のFacebookプロフィールが表示されます