2019年 春彼岸・永代経法要

2019年 春彼岸・永代経法要
2019年 春彼岸・永代経法要の様子。多数のお参りをいただきました。

2019年3月21日、お彼岸の中日。順光寺の春彼岸・永代経法座をお勤めいたしました。

永代経法要は、亡き人をご縁とし、故人を追慕し報恩の営みをするとともに、聞法のご縁をいただく法要です。

「彼岸」とは、「阿弥陀経」に描かれた西方極楽浄土の世界のこと。

苦悩に満ちた現実世界の「此岸(しがん)」から、清らかな「彼岸(お浄土)」に思いを馳せ、仏さまとしてお浄土に生まれられた亡き人・ご先祖を偲びながら、「本当の私の姿」に気づかせていただくご縁です。

境内では鶯が鳴き、朝から暖かい1日でした。

本願寺第八世・蓮如上人は、鶯の「ホーホケキョ」の声が、「法を聞けよ」という如来さまのおさいそくと味わわれました。

「法を聞く」とは、阿弥陀さまの願いをそのまま聞かせていただくこと。その願いのお目当てはこの私であると味わわせていただきました。

多数のご参拝をいただきました。ようこそお参りくださいました。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

豅 純吾

豅 純吾

浄土真宗本願寺派 順光寺 住職(宗教法人代表役員)。
Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとしても活動(個人の公式サイト
地元・松江の観光振興にも携わっており、チーム水燈路運営委員会で広報を担当。

お気軽にご連絡ください

仏事(ご葬儀・ご法事・お仏壇参り・納骨など)のご依頼、参拝のご相談など、お気軽にご連絡ください。

お電話

メール

※メールフォームは、スマートフォンからも送信いただけます

LINE

※住職(豅 純吾)のプロフィールが表示されます

Facebookメッセンジャー

※住職(豅 純吾)のFacebookプロフィールが表示されます