西本願寺境内に災害義援金募金箱が設置

今日は、とある研修のため京都へ。研修は午後からでしたので、昼に本山にお参りしてきました。

すでにお知らせした通り、宗派では災害義援金の募金口座が公開されています。

そして、西本願寺境内の各所に募金箱が設置されていました。

阿弥陀堂向拝

西本願寺 災害義援金募金箱

安穏殿受付

西本願寺 災害義援金募金箱

この他にも、御影堂向拝、龍虎殿、聞法会館などにも設置されています。

門の前には立て看板も。

西本願寺 災害義援金募金箱

西本願寺 災害義援金募金箱

復興には時間がかかり、最初は足りている復興資金も長期的に不足していくんだそうです。

なので、今すぐでなくても構いません。ちょっとずつ、少しずつ、できる範囲で。
そして、長いスパンで援助していく必要があることを忘れずに。
大切なことは記憶から風化させないことだと思います。

今日の研修内容は、今回の災害と直接関係のある内容ではありませんが、今後のために必ず必要なことでした。

とにかく今は、自分の「現場」に集中していきたいと思います。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

豅 純吾(ながたに じゅんご)

浄土真宗本願寺派 順光寺 住職(宗教法人代表役員)。
Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとしても活動(個人の公式サイト
地元・松江の観光振興にも携わっており、チーム水燈路運営委員会で広報を担当。