電子書籍で読む浄土真宗聖典(Kindle版)

電子書籍で読む浄土真宗聖典

『浄土真宗聖典(註釈版第二版)』(浄土真宗本願寺派総合研究所・編集)のKindle版(Amazonの電子書籍)が発行されました。

どこにいても、スマートフォンやパソコンの画面から読みたい本が入手できる時代。本山が電子書籍の展開に積極的なのはありがたいです。

Kindleアプリはスマホやタブレットだけでなくパソコン版もあるので、どこでも読書ができ便利です。

ページめくりに癖があったりして、デジタル端末で本を読むことに最初は違和感がありましたが、最近は、本を買うときは電子書籍版を買うことが多くなりました。

浄土真宗本願寺派総合研究所からは、浄土真宗聖典以外にも、浄土真宗に関する電子書籍が発行されています。

Amazon.co.jp: 浄土真宗本願寺派総合研究所: Kindleストア

電子書籍の利点

電子書籍で読む浄土真宗聖典

持ち運びが簡単

たくさんの本を持っていても、電子書籍版はデータで本を保存するので、端末の中に本棚があるようなものです。本をしまうスペースが不要になり、部屋が広く使えるようになりました。

検索しやすい

全て電子テキストで掲載されているので、単語で検索することが可能です(漫画や、画像で作られた書籍は除く)。デジタルならではの強みですね。

文字の大きさを変更できる

自分の読みたい文字サイズに変更することができます。あまり大きくしすぎると、いわゆる斜め読みがしにくくなりますが、文字の大きさをカスタマイズできるのも、デジタルであればこそ。

その他にも、異なる端末で読み進めた箇所の同期ができたり、マーカーを付けた箇所を後から一覧できたりと、電子書籍には読書好きにとって便利な機能が多くあります。

電子書籍の欠点

電子書籍は便利な反面、デジタルデータであることによるデメリットもあります。

その場で書き込みがしにくい

スクリーンショットを撮って画像アプリで書き込むなど、方法はあるのですが、思いついたことをその場でペンで書き込む、という作業に若干手間がかかります。いずれ技術が進めば解決するのでしょうけど。

バッテリ問題

電子端末共通の問題ではありますが。紙の本にはない欠点ですね。最近はバッテリの性能も上がってきて稼働時間が増えたとは言え、うっかり充電し忘れると、読みたい本が読めない…なんてことになってしまいます。

ページめくりがしにくい

電子書籍でページをめくるときは、ページの端をタッチ、または左右スワイプ(指で画面をなぞる動作)をするのですが、最初はこの方法に戸惑いました。端末によってはタッチの精度が高すぎて、少し触れただけで勝手に次のページに行ってしまうことも。

全体が一覧しにくい

紙の本であれば、「これと似た内容、前のページのこの辺に書いてあったな…」と、あたりをつけて、読みたいページを開くことが割と簡単にできました。

デジタル端末の電子書籍ではそうはいきません。アナログなページ検索というのは、紙の本の利点です。

Kindle端末

欠点を差し引いても、電子書籍は今後どんどん普及していくと思います。

Kindleの専用端末も、出た当初と比べて安く入手できるようになりました。Amazonは定期的にセールをするので、その時期を狙うとさらにリーズナブルに購入することができます。

Paperwhiteシリーズは、液晶画面ではなくeインクという技術を使っています。液晶画面のように画面そのものが光ることはないので、目にも優しいようです。

 

浄土真宗聖典(註釈版第二版)
本願寺出版社 (2018-03-01)
売り上げランキング: 92,754