中村元記念館オープン

2012年10月13日、先日オープンした中村元記念館に行ってきました。

中村元博士は、松江市出身の仏教学者。松江市の名誉市民でもあります。
この度、生誕100年に合わせ、松江市八束支所(旧・八束町役場)の2階に記念館がオープンしました。

インド哲学の権威 中村元記念館が松江市に開館 – MSN産経ニュース
山陰中央新報 – 中村元記念館が開館、松江

中村博士の蔵書が閲覧できる図書館。

さらに奥に進むと、中村博士のゆかりの品々、自筆のノート、復元された書斎などが展示されていました。
(撮影禁止とのことでしたので、写真はありません)

また、記念館の開設記念として、12/23まで、写真展「ブッダのことば」が開催されます。
中村元さんが信頼していたカメラマン丸山勇氏の写真が、中村さんが翻訳されたお釈迦さまのことばと一緒に展示されています。

今後は、「東方学院」の松江教室を併設し、一般の方がインド哲学や、仏教思想などを学ぶ公開講座も開設するとのこと。

中村博士の残された業績が、地元の資産を利用して公開されるのは、大変喜ばしいことだと思います。松江から全世界に発信する仏教発信基地となることを願っています。

八束町にあるということで、米子鬼太郎空港からのアクセスも良く(車で15分ほど)、県外の方でも訪れやすい環境にあるかと思います。

ぜひ足をお運びくださいませ。

※記念館のある八束支所をパノラマで撮影。
中村元記念館のある八束支所庁舎をパノラマで撮影

  • ブックマーク

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

豅 純吾(ながたに じゅんご)

浄土真宗本願寺派 順光寺 住職(宗教法人代表役員)。
Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとしても活動(個人の公式サイト
地元・松江の観光振興にも携わっており、チーム水燈路運営委員会で広報を担当。