順光寺大正琴の会「杏」 デイサービスセンター訪問

順光寺大正琴の会「杏」 デイサービスセンター訪問

順光寺大正琴の会「杏」(あんず)。
順光寺仏教婦人会の会員さんや坊守が参加し、毎月2回、先生をお招きして順光寺の庫裏で練習を行っています。

ちなみに、「杏」という名称は、順光寺境内に植えられている杏の木にちなんで付けられたとのこと。
今日は、松江市黒田町にあるデイサービスセンター「アゼリア」さまへ訪問演奏会。私もカメラマンとして同行。

この施設は、「杏」会員の娘さんがお勤めされているというご縁もあり、毎年この時期に演奏会を行っているそうで、今年で4回目とのこと。
大正琴の演奏に合わせて歌う演奏会です。

1曲目は「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子」
全員で狸のお面をつけての演奏。応援に来られた順光寺総代会理事による太鼓演奏を加えての合奏。

それから、「くちなしの花」「ソーラン節」と続きます。
「ソーラン節」では、ねじりはちまきを着用。

順光寺大正琴の会「杏」 デイサービスセンター訪問-ソーラン節-

童謡「もみじ」は、総代会理事によるハーモニカの独奏。

順光寺大正琴の会「杏」 デイサービスセンター訪問 -もみじ-

この後、「古城」「北国の春」と合計6曲を演奏。
「古城」が好評で、アンコール演奏。

演奏会の後、お茶の席にお招きいただきました。
職員の皆さまも交えて談笑。

1時間という短い時間でしたが、大正琴に参加されている順光寺のご門徒さんや、地域の皆さまとの交流を深めることができた有難いご縁でした。

今回の演奏会の撮影では、「アゼリア」職員の皆さまにご協力をいただきました。ありがとうございました。

なお、順光寺大正琴の会「杏」では、会員を募集中です。
ご希望の方は、順光寺までご連絡ください。

<追記>
「証城寺(しょうじょうじ)の狸囃子」の証城寺は、千葉県木更津市にある浄土真宗本願寺派の寺院だそうです(正式な寺号は「証誠寺」)

  • ブックマーク

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

豅 純吾(ながたに じゅんご)

浄土真宗本願寺派 順光寺 住職(宗教法人代表役員)。
Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとしても活動(個人の公式サイト
地元・松江の観光振興にも携わっており、チーム水燈路運営委員会で広報を担当。